MENU

福祉の介護系の仕事

福祉の介護系の仕事といっても色々とありますが、病院や福祉施設の介護系の仕事があります。ケアワーカーやケアスタッフと呼ばれている人、介護職員や介助員と呼ばれている人が福祉の介護系の仕事にあたっている人ですが、職場は、高齢者福祉施設をはじめとする社会福祉施設、そして老人保健施設や病院などが多いです。食事や入浴などの介助はもちろんのこと、日常生活のほとんどを援助するのが仕事です。そして介護系の福祉の仕事としては、訪問介護員といわれる、よく聞くところのホームヘルパーの資格もあります。ホームヘルパーは在宅のお年寄りの家を訪問してサービスを行うという仕事です。

 

介護サービスを行うために家を訪問するのですが、毎日の身の回りのお世話はもちろんのこと入浴や排せつなどの仕事も行っていきます。福祉の介護系の仕事といえばこの二つの仕事が主な福祉系の介護系の仕事ですが、これから高齢化社会がどんどん進むといわれていますから、介護を必要な人は増えると予想されています。そうなると福祉系の仕事の中でも介護系の仕事のニーズは今以上にもっとニーズが高くなると見込まれていると思いますので、資格を取得して働く場合には需要が高いといえるのではないでしょうか。

福祉系の専門学校

今福祉の専門学校というのは学校の数も増えつつありますが、福祉の専門学校へ通う生徒の数も増えています。これからは高齢化社会がどんどん進むと予想されている日本ですから、福祉の専門学校へ通って福祉の資格や知識、技術を身につけることで福祉系の仕事に就くことが可能になります。全国に現在、福祉の専門学校はととても多く、大学でも福祉の資格が取得できることから、福祉の専門学校を選ぶのか、大学を選ぶのか考えている人も多いかもしれません。比較的福祉の専門学校へ行く方が、スムーズに福祉系の資格を取得できると考えられています。福祉の専門学校へ行けば、国家試験免除で福祉系の資格を取得できるというメリットもあります。

 

四年生の大学では福祉以外のことも学びますが、福祉の専門学校では福祉についてみっちりと勉強することから、福祉系の専門学校はとてもニーズが高いといわれています。しっかりと福祉一本で色々な知識や技術を学びたいと思っている人の場合には、福祉系の専門学校へ進むことがいいかもしれません。福祉系の専門学校といっても、資格取得の内容は色々ありますから、自分が仕事に就きたいと思っている福祉系の資格が取れる学校を選ぶといいでしょう。

老人福祉施設

福祉施設というのは、今色々とありますが、福祉施設は福祉を目的に作られている施設のことを言います。福祉施設には、介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士といった福祉のプロや非常勤の医師、看護師、福指導員などが働いています。福祉施設といっても色々な種類があります。子供の福祉を目的としている施設としては、児童福祉施設がありますし、老人の福祉を目的としている施設には、老人福祉施設があります。そして体の不自由な人を対象にしている福祉施設としては、障害者福祉施設がありますし、身体障害者施設も福祉施設の一つです。

 

精神的な面の福祉を目的としているのは、精神障害者施設や知的障害者施設、重症心身障害者施設などがあります。福祉施設で高齢者を対象にしているものは、今全国で増えていますが、これは高齢化社会へ対応するために、増やされていると思われます。これから高齢化社会がますます進みますから日本の全国に福祉施設の老人福祉施設は増え続けると予想されます。福祉施設は種類が色々ありますが、老人福祉施設の中にも老人デイサービスセンターや老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホームといった種類があります。老人福祉施設といっても色々なことがわかります。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10
2カードローン 審査 ゆるい10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 ゆるい10
2キャッシング 審査10